お知らせ

News

医療法人やわらぎ会TOP > 週刊医学界新聞に掲載されました。

週刊医学界新聞に掲載されました。

「7つのコアコンピテンシーで高める感染症外来診療術」

 

おはようございます。

やわらぎクリニック副院長の北和也です。

毎週月曜発刊される医療・介護職向け情報誌 “週刊医学界新聞” で、座談会の内容が掲載されました。

是非ともたくさんの医療・介護スタッフの方に読んでいただき、地域・日本全国の診療の質アップにつながれば嬉しいです!

詳細は下記の医学書院のHPをご参照ください。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03318_01&fbclid=IwAR1aqrMOspsOlv0kas2iTptyStbxzY2sbryYMN4goeLrJM2FvdtVIovxvQE

 

=========================================================

 

(以下、Facebookの投稿より)

 

東京医科歯科大学の羽田野義郎先生と、“外来で感染症を診療しうる全ての医師が備えておきたいスキルやマインドセットとはいったい何だろう?”をテーマにお話しさせていただきました。

ぜひたくさんの医師、とくに自分のような診療所医師や、「忙しくてなかなか感染症について勉強する機会をもってこなかったけれど実は感染症よく診るんだよね〜」という先生方にも読んでいただければ嬉しいです。

 

そして医師だけでなく看護師、医療事務、薬剤師をはじめ、たくさんの職種にも読んでいただき、是非とも診療をサポートしていただければと思います。

 

(「だって先生が血培取らないからさ〜」から「先生、菌血症の可能性もあるので血培取っときますね〜」になれば心強いです!むしろ「取っときました!」でも良いくらいだと思っています。自分自身含めですが、医師が診療の質と量の律速段階になっていることって結構あるので、ぜひとも職種にこだわり過ぎずに「自分が出来ることは何か?」を意識しつつタスクシェアリングしていただければと思います。医師にしかできないことなんて実はそんなに多くないんです^^)

 

この記事、そして「7つのコアコンピテンシー」がたくさんの医師、そして多職種で共有され、日本全国の外来診療の質がアップすれば嬉しいです!

 

※7つのコアコンピテンシーに「こんなの追加したら?」「これは分かりにくい」というのがあったら忌憚なくどしどしご連絡いただければ有り難いです!

 

 

  前のページへもどる